HOME 会社概要 取扱商品 FAQ 用語集 問い合わせ リンク集
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27      

これらのファイルは、PDFファイル形式を使用しています。 PDFファイルを閲覧するためには「Adobe Acrobat Reader(R) 」が必要です。
Adobe Acrobat Reader 」が無い場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードし、インストールを行ってください。またパソコン雑誌等に付属のCD-ROMに「Adobe Acrobat Reader」が収録されている場合もございます。

1.EA型
ロバートショウが製造する最も基本的な電気用サーモスタットです。
制御温度範囲(15℃から上限450℃までをカバー)、感熱部形状(銅、ステンレス)、B接点及びA接点等多くの仕様があります。
いずれもSPST 250VAC、25Aまでの大容量をカバーします。
▲TOPへ
 
2.EAC型
EA型本体を特別設計された金属ケースに収めました。取り付けが容易となり外観も優美堅牢に出来上がっています。
B接点仕様は銀色の温度表示銘板、A接点仕様は黒色の温度表示銘板により、外観からでも容易に収納されているサーモスタットが判別できます。完全防水仕様ではございませんので、水がかかる場所でのご使用はおやめください。

▲TOPへ
 
3.EAC-T型
アクアスタットタイプの保護管付サーモスタットです。
EAC型に銅パイプの保護管をつけました。缶体に直接ねじ込みして取り付けが可能です。
標準品はケース後ろ側に保護管が取り付けられています。
特注としてケース下側に保護管を取り付けることも可能です。

▲TOPへ
 
4.EA19型
通常液圧式サーモスタットが制御できる温度の上限は300℃です。このEA19型はNaK液体が封入されており最高温度450℃まで制御可能となりました。又、ロバートショウで唯一のステンレス製感熱部のサーモスタットです。
感熱部とキャピラリは一体成型品の為、接続部溶接が不要になり、液洩れの心配が解消されました。

▲TOPへ
 
5.EA17型
ロバートショウEA型は大電流用に設計されているため、微電流での動作は時折不安定になることがあります。これは接点が物理的にONしていても電流が流れにくいことが原因となります。これを防止するために、微電流の用途にEA17型が開発されました。
EA17型の接点はEA型(ボタン型)のとは形状が異なり、銀パラジューム合金のクロスワイヤコンタクト導入したことで、微電流においても確実なON信号を得ることが出来るようになりました。
電磁弁、リレー等の低電流負荷の用途には最適です。ただし、最大容量は50VAとなります。

▲TOPへ
 
6.EB型
※当商品は廃盤につき販売を終了しております。
代替品として単相用はD1/D18型、3相用はD33型がございます。


DPDTのサーモスタットです。温度上昇で接点が開きます(OFFします)。
内側2組のターミナルL1.L2には電源、外側2組のターミナルB3.B4には負荷を接続することで、ダイヤルをOFF時にした場合、両線が切られますので安心してお使いいただけます。
パイロットランプ(配線により電源用、作動用として利用可能)と化粧板(ベゼル)も標準でついております。

▲TOPへ
 
7.D33型
D1型とほぼ同じ形状をしています。大きな違いは3相用として端子が3組(6ヶ)ついています。2組の接点は作動中ON・OFFを繰り返しますが、残り1組の接点はOFF以外は常時ONに保持されています。強制OFF機構内蔵のため、周囲温度が極端に下がっても、あやまってサーモがONすることがないので、別途電源スイッチは必要ありません。

▲TOPへ
 
8.D1/D18型
440VACまで使える双極双投(DPDT)単相用電気サーモです。上部に4つの端子があります。外側2端子は電源用、内側2端子は負荷用になります。普及版のEB型と比べ、端子間の絶縁障壁が広いため、耐久性を求める業務用の機器に利用されます。

▲TOPへ
 
9.B10型
B10型は温度上昇でOFFする(B接点方式)、B20型はONする(A接点方式)の精度の高いサーモスタットです。
EA型との大きな違いは接点の動きがスローで動作するため、より精度の高い制御が可能となりました。接点は常時チャタリング気味で動くため、振動がある場所等での使用は接点寿命を短くするだけでなく、正確な温度制御が出来ないので注意して下さい。

▲TOPへ
 
10.INF入力調整器
接点のON-OFF時間の周期を変えることで、目的の温度が得られる入力調整器です。温度制御するサーモスタットではありません。
内蔵のバイメタルヒートモータにより接点を入り切りするため、INF入力調整器は一本のヒーターを使用した場合でも、入力割合を連続的に25-100%まで可変できる超すぐれものです。このスイッチにより配線等も非常に容易になりました。又、ダイヤルシャフトは押しまわし式を採用。誤ってスイッチが入ることを防止する機構を内蔵しております。

▲TOPへ
 
11.CS型
2本のヒーター接続をダイヤルで直列、並列と切り替えて、3段階の入力を得ることが出来るロータリスイッチです。INF入力調整器と比べてヒータ結線が若干面倒ですが、40Aまでのヒーターが利用できますので広範囲の用途にご利用いただけます。

▲TOPへ
 
12.ユニトロール110シリーズ
ロバートショウ社が初めて生産したガス給湯器用サーモスタットです。
口火安全装置、メインコック、パイロットフィルタ、温度調節機構を組み込んだ一体型サーモスタットです。
本体の後ろ側にシャンクと呼ばれる取り付けねじがついており、缶体への直接取付けることが出来ます。
2次圧調整機構(ガバナー)が内蔵されている、R110R型シリーズもございます。

▲TOPへ
 
13.ユニトロール7000型
ユニトロール7000シリーズはガス用又は電気用のサーモスタットと組み合わせて制御するガスバルブです。単体での使用はあまりしません。
口径は3/4(6分)と1インチのサイズがあり、ガスのインプットにより使い分けます。
ユニトロール7000シリーズはガスラインをブリード方式で制御する為、小型ガバナーでの2次圧調整が可能です。写真右奥がガバナーになります。
外部電源の導入を必要としない7000MVシリーズ、AC・DC電源で作動する7000Eシリーズがあります。

▲TOPへ
 
14.CWH-3L型
単体では使用しません。7000GOシリーズとの併用で大型の給湯器の温度を制御します。

▲TOPへ
 
15.GS型
単体での仕様は可能ですが、インプットが小さい器具に利用します。又、上記7000GOシリーズとの併用することで、インプットが必要な厨房器具にも使われています。

▲TOPへ
 
16.TS安全器
サーモカップル、マグネットの口火安全装置です。TS-11K、TS-11Jの2種類があります。
TS-11K型はパイロットの出口側のみの配管でパイロットガスの供給が出来ます。一方、TS-11J型はパイロットガスの入口が別途用意されているため、ガス1次側→サーモスタット→TS11J→バーナの配管順序でも口火点火作業が可能です。
パイロットバーナを点火する際、赤いボタンを押すことでパイロットガスが出ます。サーモカップルがあたたまり規定の起電力が発生すれば内蔵のマグネットが吸着し、メインガスラインを流すことが出来ます。

▲TOPへ
 
17.FDシリーズ型サーモスタット
FDシリーズは業務用に開発されたスナップとスロットル(スロー)式の2枚の弁を持った特殊なサーモスタットです。
通常ガス用サーモスタットはバイパス炎を残すタイプが主流です。
一般には、バイパス炎が残っている限り、正確な温度制御が難しく希望設定温度以上に上昇してしまう事があります。
このFD型はメインバルブが徐々にガスを絞り、バイパス炎が一定時間燃えています。このバイパス炎でも温度が上昇する時、設定温度に達するとバイパス弁は閉まります。これにより、精度の高い制御が可能となりました。
湯煎からオーブンまでの幅広い用途(90℃から343℃)に使われています。
上記の口火安全装置TS-11型との併用をお勧めします。

▲TOPへ
 
18.FSS-12フレームスイッチ
パイロットバーナの炎を検知して信号を出す部品です(常時開路)。
この信号を利用して電磁弁を開閉したり、ランプを点灯させることも出来ます。
内部封入液の膨張によって接点を入り切りするので、内部液が漏れると電気信号が得られないので注意してください。

▲TOPへ
 
19.TGJ/TGF型オーブンサーモスタット
日本にて開発されたオーブン用サーモスタットです。
小型のためインプットの小さい器具に利用されています。
コック内蔵型のTGJ型、コックなしのサーモスタット機能だけの小型のTGF型の2種類がございます。

▲TOPへ
 
20.GISTシリーズ一体型ユニット
ガス器具は一般的にコック、口火安全器、サーモスタット、ガバナー等の個々の部品を配管で接続して使います。
このGISTシリーズはこの個々の部品をユニット化したガス弁です。
一体型のため、途中の配管接続が不要となり、取り付けが楽になりました。
湯煎からオーブンまでの幅広い用途にご利用いただけます。

▲TOPへ
 
21.LV1型リミットバルブ
フライヤーによる火災が多いため、油の温度が設定以上に上昇した場合に、ガスを完全遮断する安全器が開発されました。
ハイカット温度は固定となります。異常温度に達した場合、弁が閉まりガスの供給を絶ちます。器具の安全を確認の上、本体手前のボタンを押すことで復帰することが出来ます。
フェイルセーフ機構(故障した場合でも安全側に作動する機構)を導入しているため、内部封入液が漏れた場合でもガス遮断をする優れものです。

▲TOPへ
 
22.サーモカップル
口火安全装置(TS型等)と組み合わせて使用されます。口火の加熱により、サーモカップルは60mV D.C.の起電力を発生させます。この小さな起電力により、口火安全器のマグネットを保持します。口火が立ち消えした場合、サーモカップルは冷えて起電力がなくなります。最も簡易な安全装置の炎検地部品で、家庭用の一般トップバーナにも利用されています。

▲TOPへ
 
23.サーモパイル
サーモカップルの親分にあたる起電力発生部品です。750mVと起電力が大きいため、ユニトロール7000MVシリーズのマグネット吸着電流とメインバルブをON-OFFさせる電気サーモスタットEA17型に電気を供給します。

▲TOPへ
 
24.パイロットバーナ
取り付ける器具によって選べる種々のパイロットバーナーです。
手動点火用、スパークプラグ付等多くの種類を用意いたしました。

▲TOPへ
 
25.保護管
ロバートショウのサーモスタットの感熱部は一般的に銅製、又は鉄にNiメッキ製のため化学薬品等の制御には直接感熱部を設置することは出来ません。その際、このステンレス保護管を利用してください。低温用、高温用の2種類を用意しました。

▲TOPへ
 
26.スタッフィングボックス
スタッフィングボックスはEA3-L型では標準で装備されておりますが、高温用サーモスタットには付いておりません。
庫内側面から感熱部を挿入する場合、3/8のソケットを準備することで、後付けスタッフィングボックスが利用できます。
但し、後付けタイプでのシールは完全にシールする事が出来ませんのでご注意下さい。

▲TOPへ
 
27.その他アクセサリー
ダイヤル、化粧盤を補修用として準備してございます。

▲TOPへ


三幸コントロールズ販売株式会社
東京都千代田区神田錦町2-5-19
TEL:03-3293-7001 / FAX:03-3293-7002